江戸切子 職人技術が織りなす伝統文様をグラスに刻みこんでいます。

江戸切子 彩鳳
江戸切子 彩鳳

江戸切子は江戸末期に生産が始まりました。江戸切子はもともと、透明なガラス(透きガラス)に、切子細工を施し、手摺りと磨きで仕上げていく硝子細工でした。

明治期以降は、薩摩切子の消滅もあって江戸においても色被せ(いろきせ)の技法・素材も用いられるようになるが、色ガラスの層は薄く鮮やかなのが特徴。加工法も従来の文様を受け継ぎながら、手摺りからホイールを用いたものに移行していきました。

現在では、当初からの素材であるクリスタルガラス等の透明なガラス(透きガラス)よりも、色被せガラスを素材に用いたものが切子らしいイメージとして捉えられています。

江戸切子  麦文様 びあぐらすアカ 木箱入り 
10,000+税